飲酒と血圧の関係

適量を超える飲酒は、高血圧に限らず様々な病気のリスクを高める!アルコールの摂取量をなるべく控えて生活習慣を見直そう!

飲酒と血圧の関係

「百薬の長」とも呼ばれるほど、世界中で古くから愛されているお酒。知らない人も多いですが百薬の長とは「お酒は程よく飲めばどんな薬よりも健康によい」という意味であり、適量に構わず飲むことはよくないことを示しています。

適量の飲酒であればリラックス効果による副交感神経の活性、血管の拡張作用によって血圧を下げることができるのです。

しかし、適量を超えて過剰に飲酒すれば高血圧に限らず、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞、脂肪肝などの病気のリスクを高めてしまいます。

お酒に限らずどんなに健康によいものでも過剰、偏食はよくありません。健康はバランスのよい食事から成り立っており、適量を守れない飲酒であれば飲まないほうが健康に良い場合も多いようです。

飲酒による血圧上昇と低下のメカニズム

飲酒後すぐは血圧が低下する?

飲酒後はアルコールが体内の酵素によってアセトアルデヒドという物質に分解されます。アセトアルデヒドには血管を拡張させる効果があるため、アセトアルデヒドの血中濃度が高くなる飲酒直後は血圧が低下するのです。

飲酒による血圧が下がる効果には身体的作用として、血管の拡張作用、HDLコレステロールを増やしてLDLコレステロールを減少、血液の凝固作用を抑制などがあり、精神的作用としてストレスの解消などに役立ちます。

飲酒後しばらくすると血圧は上昇する?

飲酒後しばらくすると血液中のアセトアルデヒドが分解されることにより、アセトアルデヒドによる血管拡張作用がなくなり血圧は上昇します。

飲酒による血圧を上昇させる要因には、アセトアルデヒドの作用以外にも以下のようなものがあります。

  • 栄養の吸収を阻害する作用で吸収効率が低下
  • 交感神経の活性による血管収縮が起こる
  • 利尿作用によるミネラルや水分の不足
  • おつまみによる塩分や脂肪分の過剰摂取

飲酒は適量であれば健康にメリット?

飲酒による血圧上昇のメカニズムは飲酒量、飲酒期間、個人差などがあり、明確な作用機序が解明されていません。

しかし、飲酒量による疾患の統計データを確認してみたところ、全く飲酒の習慣がない人よりも適量の飲酒をする人のほうが、健康にプラスの影響があることが明らかにされており、適量を超える過剰な飲酒は脳疾患、心疾患、死亡リスクを大幅に高めるとされています。

適量範囲を守れるのであれば程よい飲酒は健康にプラス効果を与えるようです。しかし、飲酒の習慣は適量を超えやすい性質があるため注意しましょう。

飲酒の適量目安とは?

体重などの個人差はありますが、飲酒の適量は目安となる数値があり、目安を守ることで病気の発症リスクを低下させることができます。

飲酒の適量目安
チューハイ1缶(350ml)
ビール中びん1本(500ml)
日本酒1合(180ml)
ウイスキーダブル1杯

あくまで一般的なアルコール度数を基準とした目安。

同じ量でも特別アルコール度数が高ければ当然適量は少なくなります。

肝臓の処理能力を超える飲酒は脂肪肝にもつながるので、全体的な健康面を考慮するなら上記の数値までに飲酒量をとどめておくのがいいようです。

女性は男性よりも構造上アルコールに弱く、おおまかでですが上記の量のおよそ半分を女性の適量の目安と考えてください。また、顔が赤くなったり酔いやすい人はアルコール処理能力が弱いので、適量はもっと少なく考えておきましょう。

飲酒による高血圧のリスクを抑えよう!

現在の飲酒量がレッドゾーンに触れているなら改善を試みる必要があります。しかし、いきなり飲酒量をゼロにすることはストレスを招き、かえって生活習慣を乱す可能性もありますので、まずは飲酒量を適量範囲になるように改善してみましょう。

  • 週に2日アルコールを飲まない休肝日をつくる
  • アルコールと同時になるべく脂っぽいものを食べない
  • アルコールは出来る限り時間を掛けてゆっくり飲む
  • 大豆食品である豆腐、枝豆など肝機能低下を抑える
  • 果物には果糖が含まれておりアルコール分解を助ける

日本人は飲酒による高血圧のリスクが高い?

本来、遺伝子的に日本人はアルコールに弱いタイプが多く、飲酒を繰り返すことによってタイプが大きく変化することはありません。しかし、いまだにアルコールに対する誤解が根強いので注意が必要なのです。

世界的に見ると欧米人はアルコールに強いタイプしかいないが、日本人は強いタイプが約50%、弱いタイプが約40%、飲めないタイプが約10%といわれています。

また、注意が必要なのが、アルコールに弱いわけでもないのに、飲酒によって顔が赤くなるタイプです。

飲酒で顔が赤くなる人は高血圧になりやすい?

飲酒で顔が赤くなる理由は、アルコールに対するアレルギーと、もうひとつはアルコールが分解されて生成される毒素「アセトアルデヒド」の代謝不良によるものです。

このアルコール分解能力が低い体質の人は顔が赤くなったり、二日酔い、動悸、めまいなどを起こしやすいのです。

顔が赤くなるのは血液中のアセトアルデヒド濃度が高くなり、血管の収縮作用、血流の低下、血圧の上昇などが起こるためです。

飲酒で顔が赤くなる人を「フラッシング」といい、このタイプの人がアルコールを摂取すると、高血圧の発症リスクが高くなるという結果が調査研究で明らかにされていますので注意しておきましょう。

飲むほどに飲めるようになるのは誤解?

アルコールの分解能力は遺伝子で決まっており、基本的に飲酒を繰り返すことでアルコールの分解能力が高まるというものではありません。

慣れによるアルコール耐性やアルコール感受性が鈍くなるなどが起こり、飲めるようになったと勘違いすることでアルコール依存症の要因になる場合もあるため注意が必要です。

おおよそ日本人の2人に1人はアルコールに弱いタイプなので、無理をして高血圧の発症リスクを高めないように気をつけましょう。

飲酒のリスクは女性の方が高い?

飲酒において注意すべき点として、女性は男性よりも以下のような特徴があります。

  • 飲酒量が増加しやすい傾向にあり適量を超えやすい。
  • 体格が小さいため肝臓も小さくアルコール分解能力も低い。
  • 体脂肪が多く血中アルコール濃度が高くなりやすい。
  • 飲酒による肝臓障害、膵臓障害などの内臓疾患を発症しやすい。

また、女性ホルモンであるエストロゲンは肝臓のアルコール代謝を抑制する作用があり、特に月経前などはアルコール中毒になりやすいという報告もあります。女性の飲酒適量が男性の半分だといわれているのはこういった理由があるようです。

しかし、近年行われている調査研究の結果、女性は飲酒量が適量範囲であっても脳卒中や乳がんのリスクが、明らかに高くなるといったことが判明しているようなので、適量範囲だからと油断できないようです。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。