入浴による血圧の変化に注意!

入浴中などお風呂場では、温度差による血圧の大きな変化が起こりやすく突然死の原因に!?温度差が引き起こす血圧への影響と仕組みとは?お風呂対策を行って毎日のお風呂タイムでのリスクを減らそう!

入浴による血圧の変化に注意!

高齢者の人が高血圧になると毎日の入浴でもリスクが高まってきます。入浴のための一連の動作で血圧が変化しやすく、入浴方法によっては一日の中で最も血圧の変化が大きくなる可能性があるのです。

血圧の変化をなるべく抑えて体への負担を減らすこと、入浴方法によっては血圧を下げることにもつながるため、高血圧の予防のためにも正しい入浴方法を身につけておきましょう。

入浴による血圧の変化

まず、風呂場への移動でも血圧の変化があり、暖かい部屋から冷えた廊下への移動、また、風呂場で服を脱いだときの体温低下を防ぐために、血管の収縮が起こり血圧が上昇します。

トイレへ行くために暖かい部屋から冷えた廊下へ移動することで、突然死が多くなるのと同様の理由で、急激な温度変化による血圧の変化がリスクになるのです。

脱衣所で体温が低下した後の熱いお風呂は、交感神経の活性により血圧が上昇、温度差が大きいほど急激な血圧上昇になります。また、入浴後は水位が高いほど血圧の上昇が大きくなります。

入浴中は体が温まることやリラックス効果により、血管が拡張して血圧が下がります。入浴後は浴槽から出ることにより、水圧の負荷がなくなることで血圧が下がります。

時間の経過とともに体温が低下することで、体温低下を防ぐために血管が収縮して血圧が上昇します。また、湯冷めも血圧上昇の原因になるため、体を冷やさないように注意しましょう。

冬の入浴は特に注意

特に注意すべき季節は外気温と内気温の温度差が大きくなる冬です。また、高齢であるほど体温を維持する機能が低下するため注意が必要となります。

さらに高血圧などの生活習慣病の患者はより注意が必要となります。高齢者の方が突然死亡されるケースは1日の中でも入浴前後が一番多いといわれています。

つまり、血圧の変化に特に注意するべき高血圧の人は入浴中だけでなく、風呂場に入る前から風呂場を出た後までの一連の時間帯において、急激な温度差に注意しておく必要があるのです。

寝る前の入浴は高血圧の要因に

また、寝る前の入浴は脳や体を覚醒させ、睡眠の質を低下、交感神経を活性させ血圧を上昇させる要因となります。

なるべく寝る前の1~2時間前にお風呂は済ませておくようにしましょう。季節によってお風呂は毎日が危険と隣り合わせの状態となりますので、早めの対策を考えるようにしましょう。

高血圧は突然死のリスクを高める

年間1万人以上がこのヒートショックが原因で死亡しているといわれ、特に高齢者に多くみられており、高齢者の死因の4分の1もの割合を占めているとされています。

ヒートショックは脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などを発症するリスクを高め、高血圧である場合はさらにリスクが高くなるため、たかが温度差と油断しないようにしましょう。

入浴時のヒートショックの発症リスク
65歳以上の高齢者
高血圧、糖尿病、不整脈などの持病
風呂場に暖房器具を設置していない
お風呂の温度が高い
アルコールを摂取して入浴する

高血圧のリスクを予防する入浴方法

入浴前後の水分補給

入浴すると体内から汗となって水分が排出されます。汗が排出されると体内の水分量が減少、血液がドロドロになり血液の循環が低下、血圧を上げる原因となります。水分補給をこまめにして血流の低下を予防しましょう。

風呂場と室温の温度差

入浴前に衣服を脱いだ時の体温低下、入浴後の湯冷めは血圧を上げる要因となります。室温となるべく均一になるように暖房器具を設置しておきましょう。また、入浴前になるべく高い位置からシャワーでお湯をためるだけで、浴室の温度を高めることができます。

また、なるべく夕食前や日没前に入浴するほうが、気温による温度差とリスクを低下させることができます。可能な限り入浴の時間を早めて、日没後の冷え込む時間を避けるようにしましょう。

お湯の温度に注意

お風呂のお湯の温度は40度以下にしましょう。熱い温度は刺激により交感神経が活性されて血圧が上がる要因となります。

高血圧での入浴温度は35~37度前後の「不感温浴」がおすすめです。不感温浴は熱くも冷たくも感じない温度という意味で、血圧にほとんど影響を与えず、心疾患の患者でも入浴に問題のない温度といわれています。

また、ぬるま湯はリラックス効果によって副交感神経が活性され、血圧を下げる効果があります。お湯の温度がぬるすぎる時は微調整しましょう。

お湯の量にも注意

お湯の水圧(静水圧)は軽視されがちですがリスクを高める原因のひとつです。水深が深くなるほど水圧は高くなり血管への圧力が高くなります。

血管に高い圧力がかかると血管の抵抗が増加、心臓の負担も増加するためお湯の量にも注意が必要となります。首までつかる全身浴ではなく、胸より下の半身浴がおすすめです。

高血圧での入浴とリスク

入浴時に注意したいのが「ヒートショック」と呼ばれる現象です。ヒートショックとは、急激な温度の変化によって、血圧の乱高下や脈拍の変動が起こることです。

これは特に冬の季節の入浴時に多く起こる症状で、外気と内気の温度差が、大きくなるほどに起こりやすくなるので注意が必要になります。この症状だけでも脳梗塞や不整脈を起こしやすく、高血圧の方はより注意が必要な症状といえます。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。