ふくらはぎ揉みが血圧に効果的

血圧と深いつながりを持つふくらはぎ!?ふくらはぎをケアすると高血圧だけではなく、様々な病気の予防や改善に!

ふくらはぎ揉みが血圧に効果的

高血圧とふくらはぎの関係

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれているほど、人体において血液を循環させるのに欠かせない機能を持っています。

心臓から送り出された血液をふくらはぎは心臓と同じようなポンプ機能で、血液を心臓へと戻してくれるのです。そのためふくらはぎには心臓と同じように血液の逆流を防ぐ弁がついています。

下半身には約70%の血液が集中しているといわれており、運動不足や長時間座るなどで血液の循環が低下すると、低下した血液の循環を正常化するために心臓がより強い力で血液を送り出そうとして血圧が上昇します。

ふくらはぎを日常的にケアして機能を低下させないようにすれば、血圧の循環をサポートする機能を維持することができ、高血圧の予防や改善にもつなげることができるのです。

ふくらはぎ揉みで高血圧を改善

長時間の立ち仕事などでガチガチにかたくなったふくらはぎは、マッサージをしてかたまった筋肉をほぐしてあげましょう。筋肉が柔らかくなることで血行がよくなり高血圧やむくみの予防にもつながります。

ふくらはぎストレッチ
足をまっすぐのばして座る
足の甲やつま先を伸ばす
伸ばしたつま先を手前に戻す
この3つを10回程度繰り返す
ふくらはぎマッサージ
片足だけあぐらをかいた状態で座る
ふくらはぎの内側をくるぶしから骨にそってひざまで親指で押す
この2つを3回程度繰り返す

ふくらはぎを鍛えることも大切

ふくらはぎが第二の心臓として安定したポンプ機能を維持するためには、ある程度の筋力があることが好ましいとされています。

ふくらはぎ揉みも大切ですが、運動不足によるふくらはぎの機能低下を改善するためにも、ふくらはぎを鍛えるトレーニングを日常的に行うことがおすすめです。

ふくらはぎトレーニング
靴や室内履きを脱いで素足になる
壁に手をついて足は肩幅程度の幅で
5分程度かかとをあげた状態を保つ
さらにランクアップ
壁に手をつけないようにする
かかとを上げ下げする
片足ずつ行って負荷を増やす

普段あまり歩かないなどの運動不足だと、ふくらはぎの筋力も低下しているため最初はつま先立ちだけでもフラフラしてしまうと思います。その場合は無理せず壁に手をついた状態ではじめるようにしましょう。

これらは高血圧の改善だけではなく、むくみ、冷え性、便秘など様々な病気の改善や予防に役立つので、無理のない程度に日常生活に取り込んでいくことをおすすめします。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。