高血圧とコレステロールの関係

コレステロールのバランス崩壊は高血圧や動脈硬化を進行させる原因に。高血圧の症状を悪化させる真の悪玉コレステロールとは?

高血圧とコレステロールの関係

コレステロールは高血圧とも深いつながりのある物質です。

コレステロールにはHDLコレステロール(善玉コレステロール)とLDLコレステロール(悪玉コレステロール)があり、名前から悪いイメージが根強いですが、どちらも生命活動に欠かせない重要な役割をもっています。

しかし、生活習慣の乱れはHDLとLDLのLH比(コレステロールのバランス)を崩し、活性酸素の増大は過酸化脂質を生み出して、高血圧の症状を進行させる原因になってしまうのです。

そもそも「コレステロール」とは?

コレステロールは脂質の一種で細胞膜、各種ホルモン、胆汁酸(消化液の一種)の材料となる成分です。約30%が食事によって摂取され、約70%が肝臓などで生成されます。

コレステロールそのものとは別に、役割の違うHDLコレステロールとLDLコレステロールが存在します。

HDLコレステロールとは?

HDL(High Density Lipoprotein)は高比重リポタンパクの意味。HDLコレステロール(HDL-C、善玉コレステロール)は、血管壁に蓄積されたLDLコレステロールを、コレステロールの処理をしてくれる肝臓に運ぶ作用があります。

総コレステロール値が高くてもHDLコレステロール値が高ければ、高血圧や動脈硬化の進行を予防することができます。

LDLコレステロールとは?

LDL(Low Density Lipoprotein)は低比重リポタンパクの意味。LDLコレステロール(LDL-C、悪玉コレステロール)は、肝臓で作られたコレステロールを全身へ運ぶ役割をもちます。

悪玉という名前から悪いイメージが根強いですが、コレステロールを全身へ運ぶ重要な役割があるため、存在そのものが悪いわけではありません。

LDLコレステロールは一定量であれば問題ないのですが、過剰に増加したり酸化すると血管壁にたまってプラークを形成し、高血圧や動脈硬化を進行させる要因となります。

LDLコレステロールはHDLコレステロールによって減少させることができます。そのためLDLコレステロールの数値だけでなく、HDLコレステロールの数値を高く維持することが重要になってきます。

過酸化脂質こそ高血圧の原因

過酸化脂質とは活性酸素によって酸化した、中性脂肪やコレステロールなどの脂質で、LDLコレステロールを本当の意味において悪玉にする作用が酸化です。

高血圧、動脈硬化、脳卒中、心臓病などの要因となります。生活習慣の改善による活性酸素の低下、抗酸化作用を含む食品などの摂取が酸化の予防になります。

超悪玉コレステロールに要注意!

LDLコレステロールは大きさに違いがあり、心筋梗塞などの心疾患を引き起こすリスクが高いのは、特に小型の超悪玉コレステロール(sdLDL-C、sdLDLコレステロール)と呼ばれるものです。

小型なのでより血管壁にたまりやすく、高血圧や動脈硬化を進行させやすいので注意が必要となります。

心筋梗塞などの心疾患(心臓病)を発症した人は、この小型である超悪玉コレステロールがたくさんあることが確認されており、リスクの高さからより危険視されています。

LDLコレステロールが血圧を上昇させるメカニズム

また、LDLコレステロール値が高い状態だと、腎臓から分泌される蛋白分解酵素「レニン」の分泌量が増加します。

レニンの分泌量増加に伴い昇圧作用をもつ「アンジオテンシンⅡ」の生成量が増加することで血圧が上昇、高血圧のリスクへとつながります。

  • レニンとはアンジオテンシンの分泌量を増加させる酵素
  • アンジオテンシンとは血圧上昇を誘発させる物質

コレステロールは体内で調節される?

コレステロールは食事から摂取するイメージが強いですが、コレステロールは肝臓でも作られています。約70%は肝臓で作られ、残り約30%は食事から摂取しているといわれています。

肝臓でコレステロールの量が調整されており、食事での摂取量を制限すると肝臓で作られる量が増加し、食事で過剰摂取すると肝臓で作られる量が制限されます。

最近の研究で明らかになったのですが、その昔、コレステロールに関して行われた実験方法の間違いが判明し、あらためて実験をやり直したところ、食品のコレステロールと血中コレステロールは今まで考えられていたほど人体に影響はしないということが明らかにされました。

つまり、栄養バランスの悪い極端な摂取方法をしていなければ、コレステロールの摂取量はそこまで気にしなくていいことになるのです。

脂質異常症ならコレステロール制限は必要

コレステロール値に異常がない健康な状態であれば、コレステロール値の高い食品を食べてもコレステロール値が高くなることはないということです。

しかし、過剰に食べれば数値が高くなることも判明しているので過信は禁物です。しかし以前のようにコレステロールを数値化し、何mgまで!などのように制限する必要性は薄くなったといえるでしょう。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。