本態性高血圧の原因とは?

高血圧となった人のうち、「本態性高血圧」と診断される人は約90%!いまだ原因は不明とされているが、生活習慣は大きな要因に!

本態性高血圧の原因とは?

本態性高血圧とは?

高血圧は2つに分類され、ひとつは本態性高血圧(一次性高血圧)と呼ばれ、もひとつは二次性高血圧と呼ばれ分類されています。

病院で行われる検査などによって、原因の特定をすることができない高血圧を、本態性高血圧と診断しています。高血圧を発症した約90%もの人が、この本態性高血圧のほうに該当するといわれています。

これまでに多くの研究がされていますが、いまだ原因の解明には至っていないそうです。しかし、現在では遺伝的要因や環境的要因などの、様々な要因が絡んで発症しているという考え方が主になっているようです。

本態性高血圧の原因

高血圧の発症リスクは遺伝します。必ず発症するという意味ではなく、遺伝すれば高血圧を発症する確率が高くなるという意味です。一親等で高血圧の経験者がいるとリスクが高くなり、両親で約50%、片親で約30%、そうでなくても約5%といわれています。

しかし、例え遺伝したとしても、もうひとつの要因である生活習慣に注意すれば、発症リスクを抑えることが可能です。

もうひとつの要因が生活習慣であり、塩分や脂質の過剰摂取、タバコの喫煙、アルコールの摂取、運動不足や肥満、ストレスなどが危険因子となります。現在、高血圧の発症原因として、最も注意すべきとされているのがこの生活習慣です。

高血圧で悩んでいる人の多くが、生活習慣により発症した人であり、高血圧を招いたこれらの危険因子は糖尿病や脂質異常症だけでなく、脳卒中、心臓病、がんなどのあらゆる病気を招く大きな危険因子ともなります。

高血圧の診断においても多くの人は、生活習慣の改善を指摘された経験があると思います。つまり生活習慣さえ改善しておけば高血圧をはじめ、あらゆる病気の予防につながるといえるのです。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。