間違いに注意!血圧の正しい測り方とは?

病院で見抜くのが難しいタイプの高血圧を予防するためにも欠かせないのが家庭での血圧測定です。しかし、間違った計測方法では意味がないので正しい血圧測定の方法を確認しておきましょう。

血圧の正しい測り方

血圧の測定方法とは?

まず血圧測定のときに必要なのは以下のようなものになります。

  • 正しい血圧測定に必要な機器の選択
  • 静かにリラックスした気持ちで測定できる環境
  • 力まず正しい姿勢で測定できる机や椅子

基本的なことだと思われるかもしれませんが、こうしたことが血圧とどう関係するのかについても書いていきます。

誤差のない血圧計の選択が重要!

家庭での血圧測定に欠かせないのが血圧計です。

血圧計は大きく分けると手首式、上腕式巻き型、上腕式イン型の3種類があり、それぞれ特徴をまとめたものが以下の通りです。

手首式
血圧計の中でも価格は安価ですが上腕式に比べて測定精度が低いです。持ち運びには便利ですが信頼性低いためあまりおすすめはできないです。
上腕式巻き型
上腕で計測する巻きつけ型の血圧計です。手首式よりも測定精度が高いため血圧測定は上腕式が欠かせないでしょう。巻きつけるタイプは価格も比較的リーズナブルです。
上腕式イン型
血圧計に腕を入れるアームインタイプで、巻きタイプと同じく測定精度が高いです。腕を通すだけなので楽ですが価格が高めで場所をとりやすいのがデメリットです。

コスパなどのバランスを考えても最低限、上腕式の巻き型はあったほうがいいかなと思います。頻繁な測定が必要な場合はアームイン型のほうが作業は楽です。血圧測定の頻度に合わせて選ぶようにしましょう。

ちなみに、一時期スマホでダウンロード可能だった血圧測定アプリは、正確性に欠けるとのことで現在ではダウンロード不可となっているようです。

リラックスできる姿勢と環境も大事!

血圧は精神状態に影響されやすく緊張した状態では正しく測定できません。

まずは静かに落ち着ける場所を探し、座ってから1~2分ほどゆったりのんびりしてから測定を開始するようにしましょう。

これにより緊張状態による血圧の変化が緩和されます。

また、寒暖差も影響を与えるため暑すぎたり寒すぎたりする環境は避けるようにしましょう。おおよそ室温が20度前後の環境がいいと思います。

姿勢が血圧に影響する?

上腕式の巻き型(圧迫帯)は心臓と同じ高さになるように巻くことがポイントです。

測定する位置が心臓より高い位置では血圧は低く、心臓より低い位置では血圧は高く測定されてしまうため注意しましょう。

事前にリラックスしつつ測定に問題のない場所を用意しておきましょう。

血圧測定のタイミング

血圧の測定タイミングは以下のような条件で行なうのが望ましいとされています。

トイレを済ませた後
朝ごはんを食べる前
降圧剤を服用する前
夕ごはんを食べた後
入浴を済ませた後
降圧剤を服用した後
就寝前の落ち着いた状態

血圧は行動、精神、生理機能によって1日の中でも大きく変化します。

それらに基づいて上記の条件でなるべく同じタイミングで測定するようにしましょう。

血圧測定は基本的に朝と晩の1回ずつで1日に2回行ないます。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。