高血圧で鼻血が止まらない原因

軽く見られがちな鼻血だけど注意すべき鼻血がある!?高血圧などの生活習慣病と関連性の深い鼻血に要注意!

高血圧で鼻血が止まらない原因

高血圧と鼻血の関係

鼻血は鼻に集中している鼻にある毛細血管が、衝撃や病気などの何らかの原因によって損傷することで起こりますが、鼻の毛細血管は傷つきやすいため、もともとちょっとしたことで鼻血は出やすい箇所なのです。

鼻血は医学的には「鼻出血」と呼ばれ、大きく分類すると「単純鼻出血」と「動脈性出血」の2つに分類されます。

単純鼻出血は鼻をちょっと傷つけることで鼻血が出るタイプですが、動脈性出血は何らかの病気を原因として鼻血が出ているため、原因によってはリスクもあるため注意が必要となります。

通常は何らかの行動や衝撃によって発生する鼻血はすぐ止まりますが、突発的な出血や大量出血、出血時間が長いなどの場合は何らかの疾患による場合があるので注意が必要となります。

単純鼻出血はリスクが低い

単純鼻出血とは鼻血の約80%がこのタイプに該当するといわれており、正しく対処すればすぐに出血がおさまるタイプの鼻血です。

ボールなどの物がぶつかる、のぼせ、くしゃみ、鼻をかむなどの行動によって「キーゼルバッハ」と呼ばれる箇所が損傷したことにより鼻血がでます。

キーゼルバッハとは鼻の入り口から1cmほど奥の箇所をさしており、この箇所の粘膜は毛細血管が集中していて傷つきやすい箇所になります。

動脈性出血は高血圧などの可能性

高血圧、動脈硬化、白血病、自律神経失調症、アレルギー性鼻炎など何らかの病気を原因として出血するタイプの鼻血です。

鼻だけではなく歯茎から出血する場合もあり、病気の進行状況によっては脳出血に至ることもあるため危険なタイプの鼻血といえます。

単純鼻出血とは違い前触れのない突然の鼻血、鼻血の出血量が多い、なかなか鼻血が止まらない、鼻の奥から感じる出血などの特徴があります。15分以上経過しても鼻血が止まらないようであれば医師に相談することをすすめます。

高血圧で鼻血が出る理由とは?

高血圧は発症すると血管に大きな圧力をかけて血流を正常化しようとする症状で、血圧が高くなるほど、また、高血圧が長期にわたるほど血管にかかる負担が増大、血管が柔軟性を失って硬くなったり破れやすくなったりするのです。

血管は全身のあらゆる箇所に存在し、高血圧が脳や心臓の大きな病気につながることで注目されがちですが、手足や鼻などの末端の毛細血管にも影響を及ぼすのです。

もちろん個人差があるので高血圧になると必ず鼻血を出血するわけではありません。高血圧でも鼻血が出ないならまだ大丈夫ということではないのです。

突然の大量の鼻血により病院に運ばれて、血圧200以上の高血圧が発覚などの実例もあることから、それほど頻度は多くはないにしろ突然の止まらない鼻血には注意が必要です。

ストレスは高血圧と鼻血の原因に?

慢性的なストレスはビタミンCを大量に消費することでビタミンC不足に陥りやすく、ビタミンCが不足すると血管が弱くなるため、慢性的なストレスとビタミンCの不足は鼻血の原因にもなります。

慢性的なストレスやビタミンCが不足することは高血圧のリスクを高める原因にもなるため、これらは関係がないようでとても深いつながりがあるといえます。

また、ストレスに限らず飲酒やタバコの喫煙といった生活習慣はビタミンC不足を招き、これらも高血圧のリスクを高める危険因子であることに注意しましょう。

鼻血が出たときの対処法

鼻血が出たときの対処法としてすすめるのが、ティッシュを固めにして血が出なくなるまで鼻に詰めることです。定番ですがこれが手軽で一番おすすめです。

あと対処として間違えやすいですが、やや下を向いて小鼻部分を指でつまんで圧迫止血する方法で、仰向けではなく下を向くことが正しい方法になります。

鼻血が出たら仰向けに寝るよう指示する人がいますが、鼻血を飲み込むことになり吐き気や呼吸困難を起こす原因になリますので注意しましょう。

また、首の後ろを叩く人もいますが、首の後ろを叩いても鼻血を止める効果はなく、逆に首を痛める原因になるため気をつけましょう。

鼻血が出る頻度が多い、鼻血が止まらないなどの場合は、動脈性出血の可能性も考えられますので医師に相談することをすすめます。

チョコレートは鼻血の原因になる?

昔からチョコートを食べることによって鼻血が出やすいといわれており、今でもそう思っている人が少なからずいるようです。

しかし、医学的にチョコレートと鼻血には因果関係は認められていませんので、鼻血を気にしてチョコレートを食べないようにする必要性はないとされています。

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールは、高血圧を改善するのに有効な抗酸化作用をもっていますので、適度な摂取は健康効果にプラスの影響を与えます。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。