肺高血圧症の症状と原因

いまだ原因が不明とされている肺高血圧症!?早めの医師への相談が予防になります!

肺高血圧症の症状と原因

肺高血圧症の症状と原因

肺高血圧症の中心となるのが特発性肺動脈性肺高血圧症(IPAH、旧、原発性肺動脈性肺高血圧症)で、肺に血液を送るための血管が狭くなり、血液の流れが低下し、肺動脈の血圧が高くなる病気です。肺動脈は心臓から肺に血液を送るための血管のことをいいます。

肺動脈に血液を送る機能を持つ右心室は、高い圧力に耐えられるようにできていません。そのため肺動脈の圧力が高い状態が続くと、右心室の壁が厚くなり拡張、機能が低下し右心不全を発症してしまいます。

特発性、遺伝性、各種疾患など分類が分けられていますが、いずれも詳細の解明がされておらず不明な点が多い病気です。

肺高血圧症の初期症状
軽い運動でも息が切れる
疲労感や倦怠感を感じる
息苦しさや呼吸困難になる
たちくらみ、めまいが起こる
顔や足などむくみやすくなる

年々増加傾向にある肺高血圧症

患者数は少ないですが年々増加傾向にあるようです。病気の割合は女性のほうが男性の2倍も発症確率が高いとされていますが、原因が判明していないため、女性のほうが発症リスクが高い理由も分かっていません。

肺高血圧症の治療方法とは?

当初は治療法が確立されておらず難しい病気とされていましたが、研究の成果によりこれまで以上に高い効果を得られる薬が開発されています。症状の進行具合に合わせて薬の投与、狭くなった血管を拡げる血管拡張療法、酸素吸入療法、肺移植手術などにより改善や回復などがみられます。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。