レニンとは?

体内の血圧を調整する機能に関係するホルモンのひとつが「レニン」。レニンの作用機序とは?

レニンとは?

腎臓にある細胞の一種「傍糸球体細胞(ぼうしきゅうたいさいぼう)」で合成、貯蔵、分泌される蛋白質分解酵素の一種が「レニン」です。

レニンは血液量や血圧などのバランスを保つ重要な役割を担っていますが、レニンそのものには血圧を上昇させる作用はありません。

血圧を上昇させるレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAA系)とは体内において血圧を上昇させるシステムのひとつで、作用機序は以下の通りになります。

①腎臓の血流が低下すると、腎臓の血流を正常化するために腎臓の傍糸球体細胞からレニンが分泌されます。

②肝臓などから分泌されるたんぱく質「アンジオテンシノーゲン(レニン基質)」を蛋白質分解酵素であるレニンが分解することによって、「アンジオテンシンⅠ」を生成します。

③レニンによって生成されたアンジオテンシンⅠは、蛋白質分解酵素である「アンジオテンシン変換酵素」によってアンジオテンシンⅡが生成されます。

④アンジオテンシンⅡ自体も血管収縮による強い血圧上昇作用をもっていますが、さらにステロイドホルモンの一種「アルドステロン」を分泌させる作用があります。

⑤アルドステロンが分泌されると腎臓に作用してナトリウムの排泄を抑制、ナトリウムの再吸収(水も同様に再吸収される)により血液量が増加することで血圧の上昇が起こります。

⑥一連の作用によって腎臓の血流が正常化されると、傍糸球体細胞からのレニンの分泌が抑制されます。

レニンの分泌量は体内の血流ではなく腎臓の血流のみで決定されているため、腎臓の機能障害でレニンが異常分泌され血圧上昇の原因になるケースもあります。

レニンと塩分の関係

レニンが分泌される量は腎臓の血流が重要な要因となりますが、それと同様に塩分の摂取量とも深いつながりがあります。

塩分を摂取すると塩分に含まれるナトリウムが血液中の塩分濃度を高め、塩分濃度を一定にするために血液中に水分が送られ、これにより血液量の増加と血圧の上昇が起こります。

体内の血流が増加すると腎臓の血流も増加するためレニンの分泌量が抑制、ナトリウムの排泄、カリウムの再吸収、体内水分量の減少(尿として排泄)により血圧が下がります。

しかし、過剰な塩分摂取が繰り返されると大量の血液を濾過(ナトリウムの排泄など)する作業が増加、塩分の摂取量が増加するほど腎臓の負担が増すことで腎臓の機能が低下、腎臓の機能を正常化するためにレニンを分泌、血流を増やして血圧を上昇させてしまいます。

レニンと塩分、そして高血圧にはこうしたつながりがあるのです。

レニンと肥満の関係

肥満の人は必ずしも高血圧になるとは限りません。

しかし、肥満の人が高血圧を発症するリスクは2倍以上高まるという報告もあることから、リスクを高める要因としては見逃せない結果でもあります。

肥満の人が高血圧になりやすいのはアンジオテンシノーゲンという物質が関係しています。

アンジオテンシノーゲンは主に肝臓で生成されますが脂肪細胞からも生成されるため、脂肪細胞の肥大化はこの物質の分泌を促すことにつながります。

アンジオテンシノーゲンの分泌量の増加は、血圧を上昇させるレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系を活性化するため血圧の上昇につながるのです。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。