ルイボスティーで血圧を改善

「不老長寿のお茶」と称されるほど様々な健康効果に期待できる「ルイボスティー」。優れた抗酸化作用と豊富なミネラルが血圧の改善に効果的!

ルイボスティーで血圧を改善

「不老長寿のお茶」とも呼ばれるほど栄養価の高いルイボスティーは、南アフリカを原産地とする「ルイボス」というマメ科の植物を原料とするお茶です。

ちなみに、ルイボスとは現地の言葉でルイは「赤い」ことを意味しており、ボスは「茂み」を意味しています。合わせてルイボスは「赤い茂み」を意味する言葉になります。

血圧を改善するルイボスティーの効能

ルイボスティーの優れたポイントは糖質ゼロ、ノンカロリー、ノンカフェイン。

飲みすぎによる目立った副作用がないこと、苦みや渋みの原因となっているタンニンという成分が、緑茶や紅茶よりも少ないため飲みやすいという点にあります。

そのため日常的に健康効果を得られるという大きなアドバンテージをもっています。

ルイボスティーがもつ優れた有効成分の中でも高血圧に効果のある成分とは?

ルイボスティーの抗酸化物質が血圧に有効

ルイボスティーのおすすめポイントには優れた抗酸化作用があります。

高血圧にも有効であることが確認され見直されているコーヒーには、ワインと同程度といわれるほど優れた抗酸化作用が含まれていますが、ルイボスティーにはコーヒーの約5倍ほども優れた抗酸化作用が含まれているのです。

ルイボスティーがもつ抗酸化作用のパワーとは?

抗酸化作用をもつSOD様酵素

ルイボスティーにはSOD様酵素(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)という活性酸素分解酵素が多く含まれています。

SOD様酵素という言葉あまり聞き慣れていないかも知れませんが、人の体内にもともと存在している酵素のひとつになります。

この酵素は25歳頃から加齢によって減少が始まり、40歳前後には約半分にまで減少するといわれ、SOD様酵素を摂取することで活性酸素を除去する力を高めることができます。

SOD様酵素は緑茶などにも含まれていますが、ルイボスティーに含まれるSOD様酵素の含有量は緑茶の何十倍ともいわれており効率良く摂取することができます。

抗酸化作用をもつ物質が豊富!

ルイボスティーに含まれている抗酸化物質は豊富で、SOD様酵素の他にルイボスティーにしか含まれていないフラボノイド(ポリフェノール)の一種である「アスパラチン」や、ケルセチン、ルチンなど複数のポリフェノールが含まれています。

これらの成分でによって抜群の抗酸化力をもつのがルイボスティーの特徴です。

高血圧などの生活習慣病を含め、あらゆる病気の大きな要因と考えられているのが活性酸素と呼ばれる物質で、この活性酸素による体内の酸化ストレスを予防してくれるのが抗酸化作用になります。

強い抗酸化作用を持つルイボスティーを飲用することで、活性酸素の作用による血管の収縮を予防、血管を拡張して血流を改善、これらを要因とする高血圧や動脈硬化の発症リスクを低下させ、予防や改善に期待が出来ます。

ミネラル不足による高血圧リスクを低減

現代人の多くは食生活が乱れがちになっており、ミネラルの摂取量が全体的に減少傾向になっています。ルイボスティーは高血圧を改善するのに有効なミネラルをバランス良く含んでおり、しかも人の体液の構成比に近い比率で含まれているといわれています。

特に、余分な塩分を排出する「カリウム」、不足すると血液がドロドロになる「カルシウム」、血圧のコントロールに欠かせない「マグネシウム」は高血圧と深い関係があるため、しっかりと摂取しておきたいミネラルなのです。

肥満を改善して血液をサラサラに

生活習慣が乱れるとそれに合わせて活性酸素も増加します。

活性酸素が増加すると代謝が低下し、太りやすい体質になってしまうのです。ルイボスティーには優れた効果酸化作用をもつ成分が含まれているため、活性酸素による代謝の低下を予防し、肥満の要因を改善することで肥満の解消につなげます。

睡眠の質を高めて高血圧の改善に

ルイボスティーにはストレスや覚醒状態を抑制する作用をもつ成分がいくつか含まれています。「モノアミンオキシダーゼ」やフラボノイド(ポリフェノールの一種)である「ビテキシン」や「イソビテキシン」で、これらの成分は精神を安定させストレスによる睡眠の質の低下や睡眠不足を改善する効果があります。

十分な睡眠がとれていないと高血圧になるリスクは高まり、睡眠と高血圧にもつながりがあることから、高血圧の改善には睡眠の質を高めることも重要とされています。

腸内環境の改善で血圧を下げる

ルイボスティーに含まれるミネラルのうち「マグネシウム」は体内を通過する時に水分を吸収、その水分を便含ませて柔らかくして、便の排出をサポートする作用があります。

また、SOD様酵素やポリフェノールの抗酸化作用により腸内の善玉菌を活性させ、悪玉菌を排出、腸内環境を健康な状態へと整える効果があり、腸内環境を良好にすることは血圧を安定させることにもつながっています。

ルイボスティーは妊婦の血圧改善にも!

ルイボスティーは妊婦の血圧改善にも!

ルイボスティーは妊婦の高血圧(妊娠高血圧症候群)対策にもおすすめです。

その理由は糖質ゼロ、ノンカロリーに加えてノンカフェイン飲料であること。

妊婦がカフェイン飲料を飲むと胎盤を通して胎児にカフェインが供給されてしまいます。胎児にはカフェインを処理する能力が備わっていないため体内にカフェインを残留させやすいのです。

そのため妊婦にはノンカフェイン飲料がすすめられるのです。

さらに、ルイボスティーには代謝をよくする作用もあるため、ウォーキングなどの有酸素運動をしながらルイボスティーを飲むと脂肪燃焼効率が高めることができます。

また、妊娠前でも活性酸素を除去する抗酸化作用は生殖器機能を正常に維持する働きもあり、精子や卵子の働きを活性させて妊娠や不妊の改善をサポートのに役立ちます。

妊娠という体が繊細な時期でもおすすめの飲み物です。

こんな人は飲まないほうがいいという注意点も特にないため妊婦に限らず、あらゆる世代の男女におすすめの高血圧対策飲料といえるのです。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。