二次性高血圧とは?

二次性高血圧とは糖尿病や腎臓病などの、特定の病気を原因として発症する高血圧。一般的には病気の治療によって改善できる高血圧といわれているが、病気が完治しても改善されないケースも。

二次性高血圧とは?

二次性高血圧とは、ある特定の原因によって発症する高血圧で、高血圧患者の全体から見ると、約10%ほどの割合を占めているといわれています。

原因を特定することができない高血圧は本態性高血圧(一次性高血圧)と呼ばれており、本態性高血圧と二次性高血圧では治療方法が異なるため、どちらのタイプの高血圧に該当するのかを特定する必要があります。

そのため、高血圧の検査では最初に二次性高血圧かどうかの診断を行い、特定の原因が認められなかった場合に本態性高血圧と診断されます。

若年層で発症する高血圧を「若年性高血圧」と呼びますが、若年性高血圧の原因は二次性高血圧の場合が多いといわれています。

しかし、近年では、食事の欧米化や生活習慣の大きな変化から、若年層でも本態性高血圧の割合が増加傾向にあります。

二次性高血圧の原因

二次性高血圧を発症する特定の原因には主に腎性高血圧や内分泌異常が関係しており、睡眠時無呼吸症候群や妊娠高血圧症候群も関係しています。

二次性高血圧の多くはこれらの原因を治療することで改善がみられますので、まずはこの原因の特定が重要になります。

腎性高血圧

腎臓は主に体内の老廃物を濾過して血液を浄化したり、老廃物を尿として排出する重要な働きがあります。

腎臓で濾過機能を担う糸球体(しきゅうたい)と呼ばれる器官には毛細血管が集中しており、この毛細血管は特に高血圧による血管の負担によってダメージを受けやすい箇所になります。

そのため、高血圧によって腎機能障害を併発したり、腎臓病から高血圧を発症したりと併発リスクの高いつながりの深い関係があるのです。

腎実質性高血圧

腎臓は尿を作り出す「腎実質」と尿を集める「腎盂」という組織からできており、腎実質は糸球体や尿細管などの血液の濾過を行って尿を作り出す働きをもちます。

腎実質性高血圧は腎臓の中でも腎実質の疾患を原因として発症する高血圧をさします。

具体的には糖尿病性腎症、慢性糸球体腎炎、腎硬化症などがあり、二次性高血圧の中で最も頻度が高いとされ、高血圧全体の約2~5%に認められるといわれています。

糖尿病性腎症は糖尿病の三大合併症ひとつとして数えられており、透析療法を受けている患者の最も多くの原因となる症状です。

糖尿病によって高血糖や高血圧になると、腎臓にある糸球体の濾過機能が低下、老廃物の濾過を正常に行えなくなることで発症します。

腎血管性高血圧

二次性高血圧の中では腎実質性高血圧の次に頻度が高く、高血圧全体の約1%に認められるといわれており、多くは動脈硬化による腎血管の血管機能の低下や狭窄が原因とされています。

腎臓が機能障害を起こすことにより腎臓の血流が低下、低下した血流を正常化するために体内の血圧上昇システム(レニン-アンジオテンシン系)によって血圧が上昇、これにより高血圧となるのが腎血管性高血圧です。

内分泌性高血圧

内分泌とはホルモンのことで、体内のホルモン分泌の異常により発症する高血圧です。甲状腺の病気(バセドウ病)によるものが多く、副腎の病気(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫)によっても起こります。

原発性アルドステロン症は、副腎皮質から分泌されるホルモンの一種「アルドステロン」の過剰分泌が原因となって起こります。

特徴としてはカリウムの過剰排泄や降圧剤の効かない治療抵抗性高血圧などがあります。近年の医療技術の進歩により、高血圧患者の約5%以上にこの症状の該当者がいると考えられています。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は睡眠時に呼吸の停止と再開を繰り返し、睡眠の質の低下、血圧の上昇などが起こる症状です。

呼吸の停止と再開を繰り返すことで、交感神経が活性され血圧の上昇が起こります。仮面高血圧の一種である夜間高血圧の原因でもあり、通常の慢性的な高血圧よりもリスクの高い高血圧です。

妊娠高血圧症候群

妊娠によって発症する高血圧で、発症率は5%前後とそれほど高くはありませんが、妊婦や胎児に危険な症状を引き起こす可能性があります。

原因は特定されていませんが、近年では胎盤の形成不全が原因となっているのではないかと考えられています。また、妊娠によって血液量が増加することも要因のひとつとなります。

妊娠高血圧症候群を引き起こすリスクが高いのは高齢出産、多胎出産、初産、痩せすぎ太りすぎ、出産前からの高血圧などがあります。

二次性高血圧のリスク

二次性高血圧は特定された病気の治療に専念し、その病気の治療が完了すれば、基本的には二次性高血圧も改善されることが多いです。

しかし、状況によってはそのまま慢性的な高血圧へと移行し、症状が継続することもあるので油断することはできないのです。

そもそも、高血圧という状態は血管に高い圧力がかかり続けることによって、血管が柔軟性を失い硬くなったり、ボロボロになったりと、血管の健康状態が悪化する症状です。

二次性高血圧を発症する原因となった病気が完治しても、その病気を患った期間が長くなるほど血管への負担は高まり、慢性的な高血圧へと移行するリスクがあるため注意が必要です。

二次性高血圧と生活習慣

高血圧の対策は一般的に本態性高血圧では生活習慣を改善すること、二次性高血圧では特定の原因となる病気を治療することで、高血圧を改善することができるといわれています。

しかし、二次性高血圧の原因となる病気の多くは肥満や高血糖など、原因の原因を探れば生活習慣に行き着くケースが多いのです。

つまり、二次性高血圧の原因となる病気を完治させても、そのままの生活ではいずれ高血圧になる可能性が高くなるとも考えることができます。

高血圧は本態性高血圧が約90%、二次性高血圧が約10%といわれており、それは、生活習慣による高血圧と特定の病気による高血圧と置き換えることができます。

原因の原因までを考えると生活習慣が高血圧を引き起こすリスクは、一般的に言われているおおよその90%よりもずっと大きく、もっと深く関係していると考えることができるのです。

本態性高血圧と二次性高血圧をしっかり分別して治療の対策を講じることも大切ですが、生命活動の基盤たる生活習慣が、どれだけ高血圧と関与しているかということを知っておくことも大切なのです。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。