紅茶が血圧を改善?

研究によって明らかにされた紅茶のパワー!高血圧の予防や改善だけでなく、死亡リスクを低下させるなど高い健康効果を持つことが判明!

紅茶が血圧を改善?

緑茶やコーヒーなどと並び定番で人気のある飲み物が紅茶。

紅茶と緑茶の違いとは?

それは茶葉の製造工程の違いがあり、緑茶は茶葉を発酵させずに乾燥させただけですが、紅茶の茶葉は酸化酵素の作用を利用して完全発酵させたものになります。

茶葉に含まれるポリフェノールの一種「カテキン(タンニン)」は発酵によって酸化が進行するほどに赤みを増していく性質があります。

そして紅茶の健康効果は様々な研究結果によって明らかにされています。

長期にわたる追跡調査において高血圧予備軍と診断された人に1日3杯の紅茶を半年間にわたって飲んでもらった結果、約10%ほど血圧を下げる効果が確認されたといわれています。

また、別の調査においても習慣的な紅茶の飲用は、血圧の改善、心血管疾患(心臓、血管などの循環器における疾患)のリスクが減少、また、それ以外の病気による死亡リスクも大きく減少するという内容が報告されています。

このように紅茶には驚きの効果が秘められていることが明らかにされています。

紅茶が血圧に作用する成分やその効果とは?

血圧を改善する紅茶の効果

紅茶が血圧を改善する効果には「紅茶ポリフェノール」の働きがあります。

ポリフェノールとは優れた抗酸化作用をもつ物質をさしており、紅茶に含まれる何種類もの抗酸化物質をまとめて紅茶ポリフェノールと呼びます。

紅茶ポリフェノールの主な成分には「カテキン」と呼ばれる緑茶でもお馴染みの成分や、タンニン、テアフラビン、アントシアニン、イソフラボンなども含まれています。

なかでも「テアフラビン」は茶葉を発酵する製造過程で、カテキンが酸化酵素の働きによって酸化した紅茶特有のポリフェノールといわれています。

紅茶ポリフェノールの抗酸化作用

老化の大きな原因となるのが活性酸素の大量発生です。

活性酸素とは「酸化力が強い酸素」のことで、体内を殺菌する作用や酵素の働きを促進する作用などをもつため、一定量は生命活動に欠かせないものになります。

しかし、活性酸素が過剰に発生するほど体内の酸化がどんどん促進されます。体内の酸化は老化を意味しており、活性酸素の過剰発生は老化の原因にもなる物質なのです。

そこで、活性酸素による体内の酸化を予防してくれるのが「抗酸化作用」になります。

高血圧では特に血管の老化は血管の正常な機能を低下させるため、予防すべき大切な課題で抗酸化作用をもつポリフェノールの摂取がすすめられます。

また、紅茶ポリフェノールには他にも以下のような作用があります。

血圧を上昇させるホルモンを抑制

カテキンやテアフラビンには降圧剤のひとつである「ACE阻害薬」と同様の効果が確認されており、血圧を上げる作用をもつ「アンジオテンシンⅡ」を生成する変換酵素の働きを抑制して、血圧が上がるのを抑える作用があります。

テアフラビンの糖分抑制効果

テアフラビンはカテキンよりも約10倍ともいわれるほど、糖分の吸収を抑制する効果に優れており、糖尿病の発症リスクを低下させる効果があります。高血圧と糖尿病は併発するリスクも高いため、糖尿病のリスクを低下させることは高血圧の対策にもつながります。

コルチゾールを抑制して血圧の上昇を抑制

ストレスを受けるとそれに対応するために、体内で抗ストレスホルモン作用をもつ「コルチゾール」が分泌されます。

コルチゾールは血管を収縮させる作用があるため、慢性的なストレスを受けると過剰な分泌により血管に大きな負担をかけてしまいます。

紅茶に含まれる「テアフラビン」という成分は、コルチゾールの分泌を抑制する作用があり、ストレスによる必要以上の血管収縮を抑えることができます。

テアニンのリラックス効果

アミノ酸の一種である「テアニン」は旨味と甘みを引き出す成分で、脳の興奮神経を抑制して抑制神経を活性することによって、睡眠の質を高める効果があります。

テアニンによるリラックス効果は副交感神経を刺激、血管を拡張させて血圧を下げることにもつながります。

紅茶の血圧改善効果は飲み方に注意!

紅茶の血圧改善効果は飲み方に注意!

紅茶の飲み方は男女ともにストレートが一番人気。

次に人気のある飲み方はミルクとレモンでほぼ同数の支持を集めていますが、女性だけでみるとミルクティーのほうが支持を多く集めているようです。

そんなミルクティー派にはちょっと残念なお知らせ。

血圧改善のキーポイントになっている紅茶の抗酸化作用は、ミルクを入れる飲み方では有効に作用しないことが明らかにされています。

ミルクの成分が化学反応を起こし、紅茶に含まれるカテキンの抗酸化作用を低下させるということでした。ミルクを入れてしまうと紅茶の抗酸化作用に期待できなくなるみたいです。

老化防止の作用を期待するのであれば紅茶にミルクは入れないようにしましょう。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。