高血圧で激しい運動は危険?

生活習慣の改善や生活習慣病の解消に最適な運動!しかし激しい運動はかえって危険を招く結果に!?

高血圧で激しい運動は危険?

高血圧での激しい運動が危険な理由

基本的にどのような運動であっても、運動をすることで血圧は上昇します。ある程度慣れた運動であれば血圧の上昇幅は小さくなりますが、激しい運動は急激な血圧上昇を招き、高血圧の方にとっては危険を伴うので注意が必要です。

筋力トレーニングなどの無酸素運動は、力みも相まっておすすめできない激しい運動になります。理由として高血圧である状態は動脈硬化を発症するリスクが高いことにあります。

動脈硬化を発症すると血液が詰まりやすくなったり、柔軟性を失った血管に大きな圧力がかかって破裂する危険があるからです。

サイレントキラーと呼ばれる高血圧や動脈硬化は、いつ脳卒中や心臓病へとつながるか分かりません。激しい運動をすると知らず知らずのうちに、これらの命に関わる大きな病気を発症する可能性が高くなるので危険なのです。

普段から運動をしていない場合は、通常のペースで構わないのでウォーキングから開始し、慣れてきたらハイペースのウォーキングへ移行し、しばらく様子を見て問題なければスロージョギングへとランクを上げてみましょう。いきなりランクを上げるのは良くないので、あくまで少しずつランクをあげるのがおすすめです。

じっくりランクをあげていった運動であれば、それほど大きな血圧上昇はないと思います。程度の良い運動は血管を拡張し血圧を下げることが期待できます。運動は生活習慣を改善する大きな一手となります。

現代人は仕事に追われ運動不足になっている方が多いですが、高血圧の予防だけではなく様々な病気を回避できる可能性がありますので、適度な運動をすることをおすすめします。

納得の検証結果がおすすめの理由!

リケン(理研ビタミン株式会社)のヘルスケア事業部長、農学博士の仲野隆久先生によると、収縮期血圧140~160mmHg、拡張期血圧90~100mmHg程度の18名を対象に「わかめペプチド」を8週間にわたり1日1個のペースで食べてもらった結果、約2週間目から血圧が安定し始めることが認められています。